Nulab Pass提供開始!ヌーラボ製品でSAML認証によるシングルサインオンが使える「Nulab Pass」の提供を始めました!

ヌーラボ製品のセキュリティとガバナンスを強化する「Nulab Pass(ヌーラボパス)」の提供を開始しました!Nulab Passをお申し込みいただくとBacklog・Typetalk・Cacooのすべてのヌーラボ製品で「SAML認証によるシングルサインオン」「専用アカウントによる管理者の一元管理」をご利用いただけます。

本記事では、Nulab Passの機能、提供形態、料金、今後追加予定の機能についてお届けします!

Nulab Passについて

Nulab Passは、ヌーラボ製品のアクセス管理を強化したい組織や、利用する社員のアカウントを一元管理したい管理者に向けた、セキュリティとガバナンス強化のための製品です。 Nulab Passを利用することで、より安心してヌーラボのサービスをご利用いただけるようになります。

Nulab Passはこのような組織や担当者におすすめ!

「管理者としてアカウントの情報も管理したい情報システム担当者」

🌀課題:社員の入社・退職、委託先との契約解除によって発生するBacklog・Cacoo・Typetalkなどのアカウント情報を情報システム担当者が一元管理できていない。

管理者が一括管理できる「管理対象アカウント」を提供

Nulab Passは、情報システム部門担当者などの「管理者」が、ヌーラボサービスのアカウント情報を一括して管理できる「管理対象アカウントの作成 ※」に対応します。管理者はアカウントを一元管理できるため、退職や委託先との契約解除などで個人のアカウントが操作できない不測の事態にも安心して対応できます。

さらに今後「ユーザープロビジョニング」にも対応するようになるため、ご利用のIDプロバイダーから自動的にアカウント情報を管理できます。

※ 既存のヌーラボアカウントから管理対象アカウントへ移行する機能については、現在鋭意開発中で、2020年内には提供できる見込みです。

「自社のセキュリティ基準に満たないためヌーラボサービスを利用できない組織」

🌀課題:ビジネス事業部でBacklog・Typetalk・Cacooの利用を情報システム部に申請しているが、社内で定めているセキュリティ基準を満たさないため、利用許諾が得られない。

SAML認証方式によるシングルサインオンを提供

Nulab Passは、不正なアクセスを防ぐために推奨されている「SAML認証方式によるSSO(シングルサインオン)」を提供します。さらに今後「監査ログ」にも対応するようになるため、システム運用時のセキュリティリスクを軽減します。

※ SAML認証方式によるシングルサインオンの利用は管理対象アカウントが必須です。既存のヌーラボアカウントから管理対象アカウントへ移行する機能は2020年内提供提供できる見込みです。

Nulab Passの説明資料を入手して試してみる

Nulab Pass提供形態

Nulab Passは Backlog、Cacoo、Typetalkなどのヌーラボ製品とは別途ご契約いただき、それらと組み合わせてご利用いただきます。

Nulab Passをご利用いただける環境・プランについて

Nulab Passは以下の条件に該当するお客様はご利用いただけません。

ヌーラボ製品(Backlog・Typetalk・Cacoo)をすでにをご利用中のお客様

すでにヌーラボ製品(Backlog・Cacoo・Typetalk)を正式導入している組織でNulab Passをご利用する場合は、2020年11月中旬にリリースされる「管理対象アカウントへの移行機能」をお使いいただく必要があります。リリースまでもうしばらくお待ちくださいませ。

BacklogやCacooのエンタープライズプランをご契約中のお客様

エンタープライズプランではNulab Passをご利用いただけません。もしご利用を希望される場合は ①現在ご契約中のエンタープライズプランからクラウド版のプランに移行する ②2020年11月中旬にリリースされる「管理対象アカウントへの移行機能」を利用する の2つの手順が必要です。お手数をおかけしますがご検討のほどよろしくお願いします。

Backlogクラシックプランをご契約中のお客様

クラシックプランをご利用中のお客様がNulab Passを使うためにはヌーラボアカウントに移行する必要がございます。「クラシックプランから移行する手順を教えてください」にクラシックプランからヌーラボアカウントに移行する手順をご紹介しております。年間契約による割引など移行のメリットも多いので、ぜひこの機会にご検討くださいませ。

Nulab Passのご利用手順についての詳細は「Nulab Passをはじめよう」をご確認ください。

料金形態はユーザー数での課金

Nulab Passのご利用料金はBacklog、Cacoo、Typetalkのご利用料金に加えて、その組織内の全ユーザー数での課金となります。1アカウント(=1ユーザー)あたり300円(税別)※ のオプションプランとしてNulab Passをお申し込みいただけます。

※ テレワークを導入する企業が増え、情報セキュリティリスクへの対応も必要とされていることから、より多くの企業に導入しやすくなるよう、当初発表した1アカウントあたり500円(税別)から、価格を下げて提供することを決定しました。

課金対象については今後順次検討を行っていきますが、現時点では監査ログ機能の提供を見越し、Nulab Passは、アカウントの種類(ヌーラボアカウント・管理対象アカウント)に関わらず、組織内の全ユーザー数が課金対象となります。

Nulab Passを30日間無料で試してみる

Nulab Passは30日間無料トライアル可能

Nulab Passは、Nulab Appsと同様に30日間の無料トライアルも提供いたします。トライアル中はユーザー数の制限なしでNulab Passの機能をお試しいただけます。

トライアル後もご利用を継続していただく場合には、正式登録を行っていただく必要がございます。なお、正式登録を行っていただかない限り、課金が発生することはございません。 正式登録後、ご契約中のヌーラボサービスのご利用料金と合わせて、Nulab Passのご利用料金が発生いたします。

今後「監査ログ」「ユーザープロビジョニング」もリリース予定

今回のリリースでは、SAML認証によるシングルサインオンと専用アカウントによる管理者の一元管理ができるようになります。

続いて、2020年秋以降にヌーラボ製品の「監査ログ」や、ヌーラボアカウントから管理対象アカウントへ移行する機能をご提供いたします。さらに、アカウント管理を自動化する「ユーザープロビジョニング」も今後ご提供する予定です。

今後も継続して、みなさまのご要望は積極的に取り入れていきます。「こういった機能が欲しい」「このUIが分かりにくい使いにくい」など些細なことでもかまいませんので、なにか気になることがございましたら遠慮なくお伝えいただければ幸いです。

Nulab Passは30日間無料でお試しいただけます。操作感やご自身のIDプロバイダーでの挙動など、この機会にぜひお試しください!

Nulab Passを30日間無料で試してみる

より良いチームワークを生み出す

チームの創造力を高めるコラボレーションツール

製品をみる