Nulab Pass(ヌーラボパス)

組織内のヌーラボアカウントを
一括管理

SAML認証方式によるシングルサインオンと監査ログでご利用のヌーラボ製品のセキュリティとガバナンスを強化します。

30日間無料でお試しする 資料をダウンロード
  • Nulab Pass(ヌーラボパス)とは?

    Nulab Passはヌーラボ製品のセキュリティとアカウント管理をより一層強化します。Nulab Passを組織に導入するとBacklog・Cacoo・Typetalkのすべての製品で利用できます。

組織のアカウントを一括で管理

管理者はヌーラボ製品にアクセスする手段を一括して安全に管理できます。

  • SAML認証によるシングルサインオン

    アカウントへのログインを簡単かつ効率的に

  • 組織監査ログ

    ログを取得して不正なアクセスを検知

  • ユーザープロビジョニング

    IDプロバイダーと同期し自動化されたアカウント管理

  • ビジネスを効率化させるシングルサインオン

    Nulab Passが提供する「SAML認証によるシングルサインオン」はお客様がご利用のIDプロバイダーを介してヌーラボ製品のアカウントを認証します。

    ヌーラボ製品とお客様が使用するアプリケーションとの移動をスムーズにしてビジネスを効率化します。

  • SAMLでデータを保護する

    セキュリティアサーションマークアップ言語(SAML)により、お客様のセキュリティ基準を満たしたIDプロバイダーを介してアカウントを認証できます。

    ユーザーの資格情報(ID・パスワード)は外部に漏れることはありません。お使いのIDプロバイダーにより認証が行われるため、資格情報の流出や不正アクセスなどのリスクマネジメントが可能となります。

  • 複数組織に参加するアカウントも一元管理

    Nulab Passの管理対象アカウントは他の組織から招待された場合でもヌーラボサービス内において管理者によるアカウントの一元管理が可能です。

    組織ごとにアカウントを切り替える必要がなく、1つのアカウントで全ての組織に参加することができます。

    ※2023年1月提供予定

ユーザープロビジョニングでアカウント管理を自動化

お客様がご利用のIDプロバイダーで、ヌーラボ製品のアカウントの作成・変更・削除などの管理ができます。

自社のITセキュリティポリシーでヌーラボ製品の導入を円滑に進められます。

Nulab Pass(ヌーラボパス)とIDプロバイダーを連携

お客様がご利用のアカウント基盤にヌーラボ製品のアカウント情報を統合しましょう。

Icons

※Nulab PassはSAMLの標準仕様に準拠しているため、お客様がご利用のIDプロバイダーとも連携できます。

ヌーラボ製品は世界の10000以上もの組織から信頼され、愛用されています

  • スカイマークのロゴ
  • 富士通株式会社のロゴ
  • 凸版印刷株式会社のロゴ
  • NTTコミュニケーションズのロゴ
  • 神戸市のロゴ
  • 野村不動産ホールディングスのロゴ
  • 伊藤忠商事株式会社のロゴ
  • 東京証券取引所のロゴ
  • ヤマト運輸株式会社のロゴ
  • 株式会社 電通国際情報サービス(ISID)のロゴ
  • 株式会社KDDIウェブコミュニケーションズのロゴ
  • コニカミノルタのロゴ
  • 株式会社FUNDINNOのロゴ
  • 株式会社桐井製作所のロゴ
  • 株式会社ADX Consultingのロゴ
  • チームラボ株式会社のロゴ
  • 株式会社スターフライヤーのロゴ
  • 株式会社十八親和銀行のロゴ
  • 株式会社リザーブリンクのロゴ
  • 株式会社三菱UFJ銀行のロゴ

FAQ

フォームを送信すると、Nulab Passにすぐにアクセスできますか?
お申し込みから2営業日以内に、弊社のサポートチームがお客様の環境にNulab Passのトライアルを適用いたします。
Nulab Passは単体で利用できますか?
いいえ。Nulab Passはヌーラボ製品専用のセキュリティとアカウント管理サービスです。Nulab Passを利用するには、Backlog、Cacoo、Typetalkの少なくともどれか1つを利用しており*、ヌーラボアカウントも保有している必要があります。※無料 / 有料プラン問わず
BacklogやCacooのエンタープライズプラン、BacklogクラシックプランでもNulab Passを利用できますか?
エンタープライズプランではNulab Passをご利用いただけません。ご利用を希望される場合は
①現在ご契約中のエンタープライズプランからASP版の新プランに移行する
②「管理対象アカウントへの移行機能」を利用する
の2つの手順が必要です。

Backlogクラシックプランでは管理対象アカウントと連携することでNulab Passの利用が可能ですが(※1)、監査ログの出力をすることができません
課金の対象となるユーザーを教えてください。
Nulab Pass を契約している組織内の全ユーザー(管理対象アカウントとヌーラボアカウントの合計)が課金対象です。
組織内の一部のユーザーのみSAML認証を設定することはできますか?
はい、ユーザーごとにアカウントの種類を使い分けていただくことで一部のユーザーのみSAML認証を利用できます。SAML認証を利用したいユーザーは管理対象アカウントで作成してください。
管理対象アカウントをヌーラボアカウントに戻すことはできますか?
はい、お客様の任意のタイミングで戻すことが可能です。(※1)

※1 2023年1月16日に予定されている「管理対象アカウントに関する機能改善」リリース後にご利用いただける機能となります。追加される機能に関してはこちらをご覧ください。