Backlog・Cacoo・Typetalkのセキュリティとガバナンスを強化する「Nulab Pass」を2020年夏頃から順次提供します! #ヌーラボの新サービス

チームコラボレーションサービス(Backlog・Typetalk・Cacoo)を運営するヌーラボは、サービス利用時のセキュリティとガバナンスの強化を後押しする製品「Nulab Pass(ヌーラボパス)」を2020年夏頃を皮切りに、順次提供していきます!

Nulab Pass(ヌーラボパス)とは?

Nulab Passとは、セキュリティ向上のためにNulab Apps(BacklogTypetalkCacooなどのヌーラボサービス)へのアクセス管理を強化したい組織や、利用する社員のアカウントを一元管理したい管理者に向けた、セキュリティとガバナンス強化のための製品です。 Nulab AppsとNulab Passを組み合わせて利用することで、より安心してヌーラボのサービスをご利用いただけるようになります。

Nulab Passの機能について

Nulab Passに含まれる機能は段階的にリリースされる予定です。 2020年夏頃を予定している最初のリリースでは「SAML認証方式によるSSO(シングルサインオン)に対応したアカウントの新規作成※」に対応します。

情報システム部門などの管理者は利用者のIDを一元管理することが簡単になり、利用者はすでに組織で利用しているIDプロバイダーの認証を経由して複数のヌーラボサービスまたは組織にサインインできます。 その後は「監査ログ」などへの対応も予定しています。

※ このリリースのタイミングでは、今お使いのヌーラボアカウントをそのままSSOが可能な管理対象アカウントとして利用することはできません。お使いのアカウントを管理対象アカウントへ “移行する機能” については今後提供していく予定ですので、お待ちくださいませ。

Nulab Passはこのような組織や担当者におすすめ!

1.自社のセキュリティ基準に満たないためヌーラボサービスを利用できない組織

🌀課題:ビジネス事業部でBacklog・Typetalk・Cacooの利用を情報システム部に申請しているが、社内で定めているセキュリティ基準を満たさないため、利用許諾が得られない。

💡Nulab Passで解決:Nulab Passは、不正なアクセスを防ぐために推奨されている「SAML認証方式によるSSO(シングルサインオン)」を提供します。さらに今後「監査ログ」にも対応するようになるため、システム運用時のセキュリティリスクを軽減します。

2.管理者としてアカウントの情報も管理したい情報システム担当者

🌀課題:社員の入社・退職、委託先との契約解除によって発生するBacklog・Cacoo・Typetalkなどのアカウント情報を情報システム担当者が一元管理できていない。

💡Nulab Passで解決:Nulab Passは、情報システム部門担当者などの「管理者」が、ヌーラボサービスのアカウント情報を一括してできる「管理対象アカウントの作成」に対応します。管理者はアカウントを一元管理できるため、退職や委託先との契約解除などで個人のアカウントが操作できない不測の事態にも安心して対応できます。

Nulab Passは2020年夏頃から順次リリースを開始

Nulab Passに含まれる機能は、2020年の夏頃から順次リリースをしていきます。

最初のリリースでは、管理者がSAML認証方式によるSSO(シングルサインオン)に対応するアカウントを新たに作成できる機能を提供します。

将来的には、監査ログなどの情報セキュリティリスクに敏感な企業様でも安心してヌーラボサービスをお使いいただける機能や、アカウント管理を強化したい管理者向けに機能を提供していきます。

Nulab Passに関する更新情報は随時ヌーラボブログでお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください!

より良いチームワークを生み出す

チームの創造力を高めるコラボレーションツール

製品をみる