ジェイアール東海エージェンシー、クライアント・制作会社とのコミュニケーションにBacklogを導入し 電話とメールによるやりとりを3時間から30分に削減*

3,000枚にも及ぶエビデンス書類のペーパーレス化の実現にも貢献*


株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」が、株式会社ジェイアール東海エージェンシー(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:厚地 純夫)のクライアント・制作会社との三社間のコミュニケーションを行うために導入され、電話とメールによるやりとりを3時間から30分に削減。また、多い時には3,000枚にも及ぶエビデンスのための紙資料のペーパーレス化の実現にも貢献* しています。
* 取材時の担当者様の発言によるものです。

株式会社ジェイアール東海エージェンシーは、JR東海グループ唯一の総合広告会社として、東海道新幹線をはじめとする交通広告メディアを運営している企業です。導入の成果について、同社の室谷様と傘木(かさぎ)様にお話を伺いました。

私たちは、JR東海グループの様々な企業と協力して店頭販促物やイベントの催事企画を行う部署の中で、特にJR東海グループの旅行会社が発行する旅行パンフレットやWebの制作をディレクションする業務を担当しています。弊社担当者とクライアントである旅行会社、制作を委託している制作会社のコミュニケーションに、Backlogを活用しています。

Backlog導入前の課題は大きく3つありました。

1つ目は、メールと電話に多くの時間を割かれていたことです。当時は、電話やメールチェックだけで午前中がつぶれてしまう状況でした。

2つ目は、タスクの可視化や属人化です。パンフレットに掲載されているホテルや観光地への連絡は、制作会社から行うため、広告代理店である我々が進捗状況をリアルタイムに把握するのが難しく、タスクの進捗が見えにくくなっていました。

3つ目は、紙で保管していた膨大なエビデンス資料。制作の進行中にやり取りしたメール、原稿などのエビデンスは1案件につきコピー紙1,000~3,000枚に及ぶこともありました。保管スペースの確保や資料の共有、情報検索のしにくさからペーパーレス化への対策も、後回しにできない状況でした。

Backlog導入の決め手は、“使いやすさ”。プロジェクト管理ツールに触れたことがない人でも直感的に使えるという点がポイントでした。Backlogのユーザーコミュニティ「JBUG」が開催していたイベントも、具体的な活用イメージを掴むのに役立ちました。

Backlog導入後は、導入前に抱えていた課題が一気に解消されました。一番の変化は、コミュニケーションコストが想像以上に削減できたことです。繁忙期には1日3時間以上費やしていた電話対応が、1日30分まで大幅に削減できました。クライアントからの問い合わせも迅速かつ速やかに対応でき、業務の属人化も解消されています。

これまで人手を必要としていたさまざまな業務がBacklogで解消できた結果、企画や提案といった本来の業務にフルコミットできる環境を作れました。シンプルだからこそ、業務にあわせて運用ができるのがBacklogの良さだと思います。

(以上、事例取材記事よりコメントを抜粋・編集・再構成。活用事例はこちら:https://nulab.com/ja/customers/case-study-jrta/

どんな職種の方にとっても使いやすいインターフェースが特長のプロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」は、コミュニケーションの推進や業務効率化を目的に多くの企業やチームで活用され、成果を上げています。

今後も多種多様なお客さまの業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定です。

 

■「“進んでるね!”で、チームは進む。」プロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」について

・Backlog サービスページ:https://backlog.com

「Backlog」は、3つの強みを有するプロジェクト管理・タスク管理ツールです。

  1. 業界・業種を問わずお使いいただける親しみやすいデザインと操作性
  2. タスク管理のみならず、Wiki、Git、ガントチャートなどの豊富な機能がオールインワン
  3. 人数無制限のため、価格を気にせずチームメンバーを招待可能

2005年のリリース以降、多くのチームのコラボレーション促進に貢献してきました。現在、クラウド版 / オンプレミス版の2種類を提供し、世界で100万人以上のユーザーにお使いいただいています。

・導入事例はこちらから:https://nulab.com/ja/customers/category/service/backlog/

 

◼︎ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

 

■株式会社ヌーラボについて

本社 福岡県福岡市中央区大名一丁目8-6 HCC BLD.
東京事務所 東京都千代田区神田三崎町三丁目6-14 THE GATE 水道橋 7F
京都事務所 京都府京都市下京区突抜二丁目360
代表者 橋本正徳
ウェブサイト https://nulab.com
https://nulab.com/ja/about/careers/(採用ページ)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

株式会社ヌーラボについて

本社
福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD
創業
2004年 3月
ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

お問い合わせ先

報道関係者からのお問い合わせ先
広報担当
電話番号
092-752-5231
E-mail
pr@nulab.com

ヌーラボについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションとコミュニケーションを促進するソフトウェアを開発している、「楽しいこと好き」なイノベーター集団です。ヌーラボは、3人の開発者により2004年に創業されました。日本の福岡に本社があり、現在は、ニューヨーク・東京・京都・アムステルダム・シンガポールに拠点を持っています。