ヌーラボ、シンプルな表示で初心者でも簡単にプロジェクト管理を可能に。Backlog課題登録時の項目を減らす設定をリリース。

課題登録時の「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」を非表示にする設定が可能に。

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供する、100万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog (バックログ)」に、初心者でもより簡単な操作でプロジェクト管理ができるよう、課題登録の際に表示される項目「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」を非表示にする設定を追加したことをお知らせします。

 

■課題への登録項目を減らす設定について

Backlogでは、処理すべきタスクのことを「課題」と呼び、課題には「件名」「詳細」「担当者」「開始日」「期限日」などの項目を設定できます。

今回の機能改善により、設定画面から「優先度、マイルストーン、発生バージョンを使用する」のチェックを外すことで、「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」の項目を非表示にし、よりシンプルな課題画面にすることができます。

この設定は、プロジェクト管理者がスペースの設定画面で変更することが可能です。

 

<登録する項目をシンプルにした場合の課題登録のページ>

 

<従来の課題登録のページ>

現在、Backlogでのプロジェクト管理範囲が拡大しており、ユーザーの半数以上がディレクター、デザイナー、事務職などのITエンジニア以外の職種の方です。職種やプロジェクトによっては、「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」という項目まで設定する必要がないケースが増えていきています。

加えて、企業のテレワーク導入が進む中で、プロジェクト管理ツールを初めてご利用いただく機会も増えてきました。

課題への登録項目を減らすことで、入力する項目が減り、シンプルな画面にできるため、Backlog初心者の方でもより簡単にプロジェクト管理することができます。

 

※機能の詳細はこちら:https://backlog.com/ja/blog/backlog-update-2020-05-07

 

■100万人が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」について

・「Backlog」サービスページ:https://backlog.com/ja/

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール「Backlog」は、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

<導入事例一覧>
「Backlog」は多くの企業に導入・活用されています。こちらのURLに導入事例をまとめています:https://backlog.com/ja/blog/categories/customer/

 

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、100万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」だけでなく、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、それぞれのサービスに1つのアカウントでログインするための「ヌーラボアカウント」を開発・提供しています。

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/

 

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る