国内最大級のプロジェクト管理ツール「Backlog」、「サイボウズLive」データを移行するツールをベータリリース

 チームのプロジェクト管理を円滑に進めるためのツール「Backlog(バックログ)」を開発、運営する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本 正徳、以下 ヌーラボ)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久)が提供する無料グループウェア「サイボウズLive」が2019年4月15日に終了するとの発表を受け、データを「Backlog」に移行することのできるツール(以下、サイボウズLive インポーター)を開発し、無償提供を開始いたしましたので、お知らせします。

■ サイボウズLive インポーター 概要

 「Backlog」は、チームのタスク管理やファイル共有、Wikiなど、プロジェクト管理に必要な多くの機能が備わっているツールです。サイボウズLive インポーターの開発および無償提供は、「サイボウズLive」ユーザーが引き続き円滑なプロジェクト管理を行うためのサポートを目的としています。

 サイボウズLive インポーターでは、下記のデータを移行できます。全て「Backlog」の「課題」に移行されます。

  • 掲示板
  • イベント
  • ToDo リスト
    ※共有フォルダは OS の「共有フォルダ」機能から別途移行をお願いします。

なお、「Backlog」は無料で利用可能なプラン(フリープラン)も用意しております。サイボウズLive インポーターは、フリープラン・有料プラン双方で使用可能なものを予定しております。フリープランで利用できる機能についてはこちらをご確認ください。

また、「Backlog」は現在、ヌーラボプロダクト「Cacoo(カクー:図の共有サービス)」「Typetalk(タイプトーク:ビジネスディスカッションツール)」との連携強化も進めており、よりプロジェクト管理がしやすいツールとして開発を進めていく方針です。

■ 利用方法について

 こちらから最新の実行ファイルをダウンロードください。
 必須要件:

  • Java 8
  • Backlog」の管理者権限
    詳細の制限事項や、使用方法につきましてはこちらを参照ください。

■ 「サイボウズLive」からの移行セミナーを開催します!

Backlog」の活用方法や、移行の具体的な方法について学ぶことのできる無料セミナーを開催いたします。サイボウズLiveからの移行先をお探しの方は、ぜひご参加下さい。

【日  時】2018年6月12日(火) 10:30-12:00
【場  所】株式会社 ヌーラボ 東京事務所
【申し込み】イベントページよりお申し込みください。

■ ベータユーザーの方々よりコメント

【 株式会社スカイディスク 様 】

移行先のツールとして「Backlog」を選んだのは、これまでに使用したことのあるツールであり、使い勝手に慣れているためです。複数プロジェクト、複数ユーザーで使用する場合により管理しやすくなることを期待しています。

【 株式会社オミカレ 様 】

サイボウズLive は、弊社全体(11名〜30名規模)で利用してきました。「Backlog」は以前にも利用したことがあります。分かりやすいユーザーインターフェースや、ガントチャート(*)などが特徴だと思いますので、うまく活用できればと思っています。

*ガントチャートはスタンダードプラン以上のプランで利用できる機能です。詳しくはこちら

■ 「サイボウズLive」サービス提供終了について

 詳細やお問い合わせ方法は、こちらより確認いただけます。「チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくする」をプロダクトの開発コンセプトとして掲げてきたヌーラボは、「サイボウズLive」のコンセプトに共感するとともに、「サイボウズLive」サービス提供により、チームワークの文化が加速されてきたことを尊敬しています。

■ ヌーラボが提供するサービスについて

 ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る