Backlog、二段階認証の強制機能をリリース — より強固なセキュリティ環境で利用可能に

 株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本 正徳、以下 ヌーラボ)が提供する、チームのコラボレーションを促進するプロジェクト管理ツール「Backlog (バックログ)」は、クラシックプランを除く上位プラン(プレミアムプラン、プラチナプラン)に、スペース内ユーザーの二段階認証を強制する機能(以下 本機能)を公開しました。

 本機能のリリースにより、これまで以上に高いセキュリティ環境のもと「Backlog」を利用いただくことが可能になります。

■ 本機能の詳細について

 二段階認証とは、「Backlog」にログインする際、メールアドレスとパスワードに加え、別の経路から取得可能なセキュリティキーがないとログインができないようにするものです。二段階認証を設定しておくことで、もし「Backlog」のログインメールアドレス、パスワードが意図せず流出した場合でも、SMSなどで取得可能なセキュリティキーがないとログインができないため、悪意のあるアクセスを防止することが可能になります。

 「Backlog」は、これまでも二段階認証自体は提供しておりましたが、設定をするかどうかは各ユーザーの判断に委ねるしかありませんでした。本機能を利用することで、スペース内ユーザーに二段階認証の設定を強制することができるため、管理者のセキュリティ意識に基づき強固なセキュリティ環境で「Backlog」をご利用いただけるようになります。

※本機能に関する詳しい内容はこちら

■ 「Backlog」について

・「Backlog」サービスページ:https://backlog.com/ja/

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール「Backlog」は、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

 

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る