Cacoo、図の共同編集時に全員のカーソルの動きをリアルタイムで示す機能を追加

<トピックス>

  • ダウンロード不要で利用できるビジュアルコラボレーションツール「Cacoo(カクー)」に、全員のカーソルの動きをリアルタイムで示す機能が追加
  • また、他のユーザーが図に対して行っている操作もリアルタイムに表示されるように
  • これらのアップデートにより、コミュニケーションの二度手間を減らしたり、作業の効率を向上させたりすることが期待される

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳)が提供しているビジュアルコラボレーションツール「Cacoo (カクー)」は、複数人で図を共同編集する際に、全員のカーソルの動きをリアルタイムで示す機能(以下、「ライブカーソル機能」)をリリースしました。「ライブカーソル機能」をミーティングやフィードバックに利用することで、チームメンバーが図のどの部分について話しているのかがこれまで以上に分かりやすくなります。

また、今回のアップデートで、他のユーザーのテキストの入力やシェイプの編集操作も、リアルタイムで表示されるようになりました。チームでの図を使ったコラボレーションがよりスムーズになると期待されます。

◼︎ 「ライブカーソル機能」の詳細について

ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」は、ダウンロードの必要なく、URLを共有するだけで複数人で図を共有・共同編集することが可能なWebサービスです。

今回新たに追加された「ライブカーソル機能」は、複数人で図を共同編集する際に、全員のカーソルの動きをリアルタイムで示す機能です。「ライブカーソル機能」は、ボタン1つで利用するかどうか(ON/OFF)を切り替えることができます。

全員のカーソルの動きがリアルタイムで表示される

また、これまで、他のユーザーの操作は動作の完了後に図に反映されていました。今回のアップデートでは、「ライブカーソル機能」の追加に加え、テキストの入力やシェイプの編集など他のユーザーが図に対して行っている操作がリアルタイムに表示されるようになりました。

左:共同作業者の見え方 | 右:作業者の見え方

これらのアップデートは、フリープランを含むすべてのプラン(エンタープライズプランは除く)のユーザーが利用することができます。「ライブカーソル機能」の追加および操作反映のリアルタイム性向上により、たとえば下記のような課題の解決に「Cacoo」が役立つと期待されます。

  • Cacoo」をホワイトボード代わりに用いて、オンラインで図を共有しミーティングができていたが、テキストの入力やシェイプの編集などの作業完了を待つ時間が発生してしまっていた
  • ミーティング時、全メンバーが同じ資料を見ていても、説明者がどの部分の説明をしているのか分かりづらい
  • 分散拠点でのアイディア出しやディスカッションは、意見の共有にタイムラグが生じ、共同作業感が薄れてしまう

Cacoo」をチームの業務フローの中に効果的に入れこむことで、コミュニケーションの二度手間を減らしたり、作業の効率を向上させたりすることが可能になります。

※図の描画を業務に活用するアイディアはこちら:人類はもっと図を描くべきだ〜プロジェクトに役立つ図の使い方

◼︎ ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」について

・「Cacoo」サービスページ:https://cacoo.com/ja/

ビジュアルコラボレーションツールの「Cacoo」は、プロジェクトのアイデアやウェブサイトのレイアウト、作業計画などをオンライン上で簡単に作成し、チーム内に共有できる Web サービスです。ワイヤーフレーム、フローチャート、組織図、マインドマップ、オフィスレイアウトまで、豊富なテンプレートやステンシルを元にあらゆる図が作成・共有できます。2009年のベータ版リリース以降、世界中の様々な業種・チームで利用されています。

■ ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る