Backlog利用でメール量30%削減に成功 — 福岡地域戦略推進協議会が業務スマート化にBacklog活用

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理ツールBacklog(バックログ)」が、福岡地域戦略推進協議会(会長:麻生泰、以下 Fukuoka D.C.)の業務コミュニケーションツールとして活用され、メールの量を30%削減に成功するなど成果を挙げています。

100万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」が、産学官民一体のシンク&ドゥタンクであるFukuoka D.C.で活用されています。福岡の地場中心の約200社・団体が参画するFukuoka D.C.は、Backlog」の利用でメールの量を30%も削減し、業務コミュニケーションの効率化に成功、チームメンバーの在宅勤務など多様な働き方も実現しています。Fukuoka D.C.の担当者は、次のように話しています。

Backlog」は4名から成るマーケティングチームの情報発信タスクの管理で活用しています。また、以前は事務局員との対内的なコミュニケーションにメールを利用していましたが、今は「Backlog」を利用しています。マーケティングチーム内のコミュニケーションは、メールから「Backlog」に多くを切り替えられたので、メールの量が全体の30%は減りました

他にも、以前はエクセルを使って定期イベントを管理していましたが、セミナーなどのイベントのタスクはこまごまとしたものが多いので、Backlog」でタスクを漏れなく洗い出しできたり、締め切りを可視化できるようになったのはとても良い効果です。

現在はマーケティングチームが主体となって「Backlog」を活用していますが、今後はFukuoka D.C.の会員である200社・団体とのプロジェクト管理業務のコミュニケーションなどでも積極的に「Backlog」を取り入れて、業務のデジタル化、生産性の向上などのスマートワーク化を率先して実現したいです。

Backlog」は100万人以上が利用する国内最大級のプロジェクト管理ツールとして、すでに多くの業界、企業、チームで利用されています。今後も顧客の業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定です。

※より詳細の事例記事はこちら:https://backlog.com/ja/blog/case-study-fukuoka-dc-jpn/

■100万人が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」について

・「Backlog」サービスページ:https://backlog.com/ja/

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール「Backlog」は、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

<導入事例一覧>
Backlog」は多くの企業に導入・活用されています。こちらのURLに導入事例をまとめています:https://backlog.com/ja/blog/categories/customer/

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com/ja/
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com/ja/
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com/ja/

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る