Backlog、コメントの本文中で特定の相手の名前を指名して通知できる「メンション機能」の追加を決定。9月上旬リリース予定

ブラウザ、モバイル(iOS/Android)の両バージョンで対応。既存のUIを刷新し、よりシンプルなBacklogを目指す

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供する、170万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog (バックログ)」のブラウザ版・モバイル版(iOS、Android)に、コメントの本文中で特定の相手を指名し通知できる「メンション機能」を9月上旬に追加することを決定したことをお知らせします。

 

■メンション機能について

「メンション機能」は、Backlogの課題の本文やコメントを記載するテキスト入力欄に、直接「@〜」とチームメンバーのIDを打ち込むことで、テキスト本文中で相手を指名して通知できる機能です。この機能の追加により、文章を入力しながら自然な流れで通知したい相手を指定できるようになるため、「この文章は誰に読んでもらいたいのか」が理解しやすい文章の作成が可能です。

通知する相手の指定には、これまで通り、事前に設定した「チーム」の指定や「この課題の参加者」をまとめて指定することもできます。

この機能の追加により、既存の通知のインターフェースは廃止となります。また、ヌーラボが提供する「Cacoo」「Typetalk」の3つのサービスのメンション機能が統一されます。

今回の機能追加、既存インターフェースの廃止は、2005年のベータ版提供以降、15年間継続的に機能を更新し続けるBacklogをシンプルに保つことで、ユーザーにとって使いやすいBacklogを維持することが目的です。

「メンション機能」はブラウザ版・モバイル版(iOS、Android)の両バージョンに対し、9月上旬にリリースできるよう開発を進めています。本機能に関するご質問やご要望は、お問い合わせよりご連絡ください。

※「メンション機能」追加の詳細についてはBacklogのブログからご確認ください:https://backlog.com/ja/blog/new-backlog-mention-coming-soon

 

■170万人が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」について

・「Backlog」サービスページ:https://backlog.com

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール「Backlog」は、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

「Backlog」は多くの企業に導入・活用され、有料契約件数は1万件を突破しました。IT・インターネット業界のみならず、製造業や小売業、行政団体などでもご利用いただいています。

導入事例はこちらから:https://backlog.com/ja/blog/categories/customer/

 

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、170万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」をはじめ、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、それぞれのサービスに1つのアカウントでログインするための「ヌーラボアカウント」を開発・提供しています。

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る