ヌーラボ、テックスープ・ジャパンと連携しBacklogが半額で利用できる「NPO向けプラン」の提供を開始

株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供する、170万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog (バックログ)」は、特定非営利活動法人日本NPOセンター(本部:東京都千代田区、代表理事:萩原 なつ子、以下 日本NPOセンター)が運営するテックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)と連携し、Backlogの全てのプランを半額でご利用いただける「NPO向けプラン」の提供を開始することをお知らせします。

■提携の背景について

Backlogは、チームのコラボレーションを促進することを目指し提供しているプロジェクト管理ツールです。一方、テックスープ・ジャパンは、NPOなどの非営利法人がITを活用することで活動をより効果的・効率的に進めることができる環境の提供を行っています。

ヌーラボは、テックスープ・ジャパンの活動に共感し、よりITの力でNPOの運営を支援し、解決される社会問題を増やしたいと考え、今回の提携を決定しました。

 

■お申し込みの方法について

NPOプランのお申し込みは、テックスープ・ジャパンのホームページより行うことができます。お申し込みに際して、テックスープ・ジャパンへの団体登録が必要です。

※詳細は、テックスープ・ジャパンのBacklog登録ページからご確認ください:https://www.techsoupjapan.org/Backlog-NPO+Plan

 

■テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)について

アメリカ・サンフランシスコに拠点を置くTechSoupを中心に、世界160ヵ国以上で展開されている、非営利団体をITの力で支援するグローバル・ネットワークの日本プログラムです。社会問題の解決のために活動する民間の非営利団体が最大限の力を発揮できるよう、ソフトウェアなどのIT製品を提供するほか、ITのサポートを行っています。

テックスープ・ジャパン・プログラムは、日本NPOセンターが運営しています。

 

■170万人が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」について

・「Backlog」サービスページ:https://backlog.com

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール「Backlog」は、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

<導入事例一覧>

「Backlog」は多くの企業に導入・活用され、有料契約件数は1万件を突破しました。IT・インターネット業界のみならず、製造業や小売業、行政団体などでもご利用いただいています。導入事例はこちらから:https://backlog.com/ja/blog/categories/customer/

 

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、170万人以上が利用するプロジェクト管理ツール「Backlog」をはじめ、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、それぞれのサービスに1つのアカウントでログインするための「ヌーラボアカウント」を開発・提供しています。

ヌーラボは、チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツールを提供しています。それぞれについての詳細は、こちらのURLよりご確認ください。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスディスカッションツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com

 

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る