ヌーラボ代表取締役 橋本正徳の著書『会社は「仲良しクラブ」でいい』2021年12月23日発売のお知らせ #ヌーラボ仲良し本

「“このチームで一緒に仕事できてよかった”を世界中に生み出していく。」をブランドメッセージとし、チームのコラボレーションを促進するサービスを提供する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、代表取締役 橋本正徳の著書『会社は「仲良しクラブ」でいい』が、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより2021年12月23日に発売されることをお知らせいたします。

2004年の創業以来、ヌーラボは「コラボレーション」をキーワードに「楽しく仕事ができる人、チームを増やしたい」という思いをもとにサービス開発、提供を続けてまいりました。代表取締役の橋本は、ヌーラボの従業員とともに「いいチームとは何か?」の答えを探し続け、提供するサービスの改善とヌーラボの組織づくりに活かしてきました。

本書では、橋本がこれまでの組織運営から得た「会社は仲良しチームじゃないと、最高の成果は出ない」という結論を軸に、ヌーラボのさまざまなメンバーが発信してきた「いいチームの作りかた」について具体的な施策も交えて紹介しています。

本書を手に取ってくださった方の所属するチームが、より仲良くなり、少しでも多くの「このチームで一緒に仕事できてよかった」を生み出すことができれば幸いです。

 

■書籍概要

  • 書名:会社は「仲良しクラブ」でいい
  • 著者:橋本正徳
  • 出版社:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • Amazon.co.jpでのご購入予約はこちら:https://www.amazon.co.jp/dp/4799328026/

 

■ハッシュタグ #ヌーラボ仲良し本 で感想をお聞かせください!

Twitterで、ハッシュタグ #ヌーラボ仲良し本 とともに、書籍に関するご感想やご質問、あなたのチームの取り組みなどを教えてください。代表の橋本はじめ、書籍に関わったメンバーが楽しく読ませていただきます。

 

■Mistletoeファウンダー・孫泰蔵 様による推薦コメント

「まずは相手を信じる」。こう考えるヌーラボは強い!

この本は、「コミュニティが大好きで、コミュニティ生まれ、コミュニティ育ち」の橋本さんがソフトウェア・カンパニーの最前線で培ってきた経営の真髄についての解説書であるだけでなく、「21世紀スキル」と呼ばれるコミュニケーションやコラボレーション、クリティカル・シンキング、共感についての指南書でもあり、人生をポジティブに生きるための処方箋でもあり、いろんな立場の人にいろんな点が刺さる素晴らしい本だと思いました。

書かれていることはかなり高度なコラボレーション論なのですが、自分の言葉でその真髄を説明しており、その丁寧な説明の仕方にたいへん共感と好感を持ちました。そして、それにもまして感心したのは、とにかくわかりやすくて読みやすいこと。こんなふうに簡潔に整理された記述は、現場での実体験をもとにした深い洞察と思索を積み重ねてこなければ書けるはずがなく、またそれと同時に、多くの方々との意見交換やフィードバックによって得られた研鑽の賜物であるにちがいありません。

この本は誰もがすっと入りやすく、読むうちに誰もが自分が今いる会社や組織との違いについて本質的な思考を始め、目から鱗が落ち、そして最終的には新しい認識を得て、新しい人生をまっとうしていくことができるようなテキストに仕上がっています。これはまぎれもなく、「楽しい仕事づくり、仲間づくり」に本質的に取り組んできたアントレプレナーであり、クリエイターである橋本さんにしか書けない本です。

 

■コピーライター 梅田悟司 様(企画協力)によるコメント

個人の多様性を、組織の多面性にできるか。

橋本さんと出会い、ヌーラボと出会い、コピーライターとして伴走しています。橋本さんのお話で印象的なのは「弱みを補完しあうことで、強みは自然と発動する。そこで生まれるのがコラボレーションである」という、いわば、逆説のチーム思想とも呼べる軸があることです。その思想が橋本さんであり、ヌーラボであり、ヌーラボから生み出されるプロダクトの隅々に落とし込まれていると感じています。

チームを考えることは、個人を信じること。個人の力が引き出される仕組みを考えること。こうした価値観が起点となり『”このチームで一緒に仕事できてよかった”を世界中に生み出していく。』というブランドメッセージにたどり着きました。

本書の目的は、世界中に「このチームで一緒に仕事できてよかった」と思える人を増やすことです。企画協力という形で、橋本さんやヌーラボが体現してきた思想や工夫を表現する方法を共に探るなかで、僕も「このチームで一緒に仕事できてよかった」と自然と思えていました。この本にはその秘訣が凝縮されていますし、やっぱり橋本さんやヌーラボのみんなが大好きだなと感じました!

 

■2021年12月31日まで、「はじめに」無料公開中!

本書の発売を記念して、本日より2021年12月31日まで、本書の「はじめに」の章を無料公開いたします。本書がどのような内容かイメージしていただけます。多くの方にお読みいただけると光栄です。

・URLはこちら:会社は「仲良しクラブ」でいい – 橋本正徳のはじめてのビジネス書が、ディスカヴァー・トゥエンティワン様から出版されます

※「はじめに」の章を無料公開は、2021年12月31日をもって終了しました。

■著者コメント

会社の仲間とは仲良く過ごしたいものですね。今回は、そんな書籍を書かせていただきました。

実は、ヌーラボを題材にしてチームやチームワークに関する書籍を「誰か書いてくれないかなぁ」とヌーラボの書籍がでることを期待していました。というのも、10年以上前に自身で書籍を書いたときに、自分の言いたいことを形にするために苦悩に苦悩を重ねて1年くらい執筆に時間がかかった記憶があるので、自分には書籍を書けないと思っていたのです。「書くのが上手な人が書けばいい」というつもりでいたのですが、まさか、今回、そんな書籍を自分で書くことになるとは思いもよりませんでした。

今回の書籍は出版社さんやヌーラバーの皆さんなどたくさんの方の協力を得て、予定通りに刷り上がり、予想以上の仕上がりになっていると思います。

何か正解を提示する書籍ではありませんが、何かの参考になればと僕が考えていることを書いてみました。コミュニケーションやチームビルディングでお悩みの方、是非、ご一読を。

 

<プロフィール>
1976年福岡県生まれ。福岡県立早良高等学校を卒業後上京し、飲食業に携わる。劇団主催や、クラブミュージックのライブ演奏なども経験。1998年、福岡に戻り、父親の家業である建築業に携わる。2001年、プログラマーに転身。2004年、福岡にて株式会社ヌーラボを設立し、代表取締役に就任。株式会社ヌーラボは、現在、チームのコラボレーションを促進するWebサービス BacklogCacooTypetalkNulab Passを開発・運営。また、福岡本社のほか東京、京都、シンガポール、ニューヨーク、アムステルダムに拠点を持ち、世界展開に向けてコツコツ積み上げ中。

 

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

株式会社ヌーラボについて

本社
福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD
創業
2004年 3月
ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

お問い合わせ先

報道関係者からのお問い合わせ先
広報担当
電話番号
092-752-5231
E-mail
pr@nulab.com

ヌーラボについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションとコミュニケーションを促進するソフトウェアを開発している、「楽しいこと好き」なイノベーター集団です。ヌーラボは、3人の開発者により2004年に創業されました。日本の福岡に本社があり、現在は、ニューヨーク・東京・京都・アムステルダム・シンガポールに拠点を持っています。