十八親和銀行、30プロジェクトの管理に「Backlog」を活用し、円滑な同時進行に成功

進捗会議の時間を50%削減する*など、コミュニケーション効率化にも成果


株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理ツール「Backlog」が、株式会社十八親和銀行(本店:長崎県長崎市、取締役頭取:山川信彦、以下 十八親和銀行) の店舗再編プロジェクトで、30に及ぶプロジェクトの管理ツールとして採用され、円滑なプロジェクト進行やコミュニケーションの効率化のために活用されました。

* 取材時の担当者様の発言によるものです

2020年10月、「十八銀行」と「親和銀行」の合併により誕生した十八親和銀行の、11ヶ月間で68店舗、ひと月に6店舗の統合を行う “店舗再編プロジェクト” のスケジュールやタスクなどを集約するプロジェクト管理ツールとして、Backlogが導入されました。店舗を統合する際、1店舗あたり半年間ほど要するのが通例ですが、本プロジェクトでは最大30店舗を同時に管理する必要がありました。Backlog導入の成果について、十八親和銀行の担当者は次のように話しています。

11ヶ月間という限られた期間で68店舗を統合するには、プロジェクトメンバー間のコミュニケーションや最新の進捗状況の把握が求められます。部門を横断するプロジェクトの全状況の可視化やタスク・進捗管理をいかにスムーズに連携するかが、プロジェクトの成否を握っていました。

今回のプロジェクトは、メンバーが所属する部で自身の業務と兼務しながら参加する形だったので、事務局担当が各担当者に電話で1日に5件ほど進捗を確認する作業が発生していました。そこで、ITツールに馴染みがないメンバーも操作が簡単なBacklogを導入したことで、これまで悩まされていたタスク・進捗管理、リアルタイムでの情報共有に関わる業務が改善され、プロジェクトのスムーズな進行と、大幅な業務効率の改善を実感できました。

また、Backlogの活用により、以前は1時間かかっていた進捗報告会議が、30分で終了するようになりました。会議では重要な議論に時間を割くようになり、通常業務においても必要な情報はBacklog上でリアルタイムに共有できるので、作業もコミュニケーションもスムーズに進められるようになりました。

2022年3月でプロジェクトは終了しましたが、総務グループでの日常業務に関するタスク管理にBacklogを採用するなど、他チームや今後発生する新しいプロジェクトでも活用が始まっています。Backlogに情報やノウハウを蓄積していくことで、人事異動の際にも業務引き継ぎが円滑に行えるなど、ナレッジマネジメントを含め、さらに活用を促進していければと思います。

(以上、事例取材記事よりコメントを抜粋・編集・再構成。活用事例はこちら:https://nulab.com/ja/customers/case-study-18shinwabank/

どんな職種の方にとっても使いやすいインターフェースが特長のプロジェクト管理ツール「Backlog」は、DX推進を目的に多くの企業やチームで活用され、成果を上げています。

今後も多種多様なお客さまの業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定です。

 

■「“進んでるね!”で、チームは進む。」プロジェクト管理ツール「Backlog」について

・Backlog サービスページ:https://backlog.com

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール Backlogは、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

・導入事例はこちらから:https://nulab.com/ja/customers/category/service/backlog/

 

◼︎ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

 

◼︎株式会社ヌーラボについて

本社 福岡県福岡市中央区大名一丁目8-6 HCC BLD.
東京事務所 東京都千代田区神田三崎町三丁目6-14 THE GATE 水道橋 7F
京都事務所 京都府京都市下京区突抜二丁目360
代表者 橋本正徳
ウェブサイト https://nulab.com
https://nulab.com/ja/about/careers/(採用ページ)

 

株式会社ヌーラボについて

本社
福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD
創業
2004年 3月
ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

お問い合わせ先

報道関係者からのお問い合わせ先
広報担当
電話番号
092-752-5231
E-mail
pr@nulab.com

ヌーラボについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションとコミュニケーションを促進するソフトウェアを開発している、「楽しいこと好き」なイノベーター集団です。ヌーラボは、3人の開発者により2004年に創業されました。日本の福岡に本社があり、現在は、ニューヨーク・東京・京都・アムステルダム・シンガポールに拠点を持っています。