キリンホールディングス、全グループ1,500名規模で「Backlog」を活用、業務改善に成功*

情報の整理にかかる時間を短縮・転記による記入漏れを削減し、運用品質の向上にも成果


株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理ツール「Backlog」が、キリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:磯崎功典)の各事業部、各事業会社において活用されています。情報戦略部 DXPチームでは、タスク管理に関する情報の整理、検索にかかる時間を短縮し、手動転記による記入漏れを削減できたことで、運用品質の向上にも成果を上げています*。

* 取材時の担当者様の発言によるものです

キリンホールディングス株式会社は、KIRINのICT活用における企画機能を担っており、同社 情報戦略部のDXPチームでは2021年からプロジェクト・タスク管理にBacklogが活用されています。Backlog導入の成果について、情報戦略部 DXPチームの担当者様は次のように話しています。

実は10年ほど前から、キリングループ各社のコーポレートサイトの運用を依頼していた外部パートナーの契約するBacklogを利用していました。2021年にプロジェクト管理や外部パートナーとの共有スペースとしてのニーズが高まってきたため、キリンホールディングスとしてBacklogを契約しました。当時から、Backlogの使いやすさを認識していたことも大きいですね。

Backlogは、各事業会社にプラットフォームとして活用していただける環境をキリンホールディングスとして整えるために契約しました。社内の標準ツールの利用を原則としていますが、標準ツールでは補えないことがあるので、Backlogの機能を利用して業務効率化に繋げてほしいと考えています。

Backlogを導入する前は、プロジェクトに関する情報や作業依頼が各部署からメールで送られてきて、その情報を表計算ソフトに手動入力し、タスク管理を行なっていました。膨大な量の依頼メールから情報や履歴を追うのは難しく、手動転記をしていたために記入漏れなどが発生するといった課題がありました。

Backlogは案件ごとにプロジェクトを作ることができるので、膨大な情報を整理しやすく効率よく探せます。プロジェクト管理・タスク管理をBacklogに切り替えたことで、膨大なメールに埋もれていた情報と履歴を簡単に追えるようになったので、メールの情報から表計算ソフトに転載する手間と記入漏れが激減しました。そのおかげで運用の品質が向上しました。

また、Backlogは使い方を学ぶ必要がないほど直感的に使えるので、基本的には「Backlogでしか受け付けません」という形で周知し、コミュニケーションツールの移行もスムーズに行うことができました。

(以上、事例取材記事よりコメントを抜粋・編集・再構成。活用事例はこちら:https://nulab.com/ja/customers/case-study-kirinholdings/

どんな職種の方にとっても使いやすいインターフェースが特長のプロジェクト管理ツール「Backlog」は、コミュニケーションの推進や業務効率化を目的に多くの企業やチームで活用され、成果を上げています。

今後も多種多様なお客さまの業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定です。

 

■「“進んでるね!”で、チームは進む。」プロジェクト管理ツール「Backlog」について

・Backlog サービスページ:https://backlog.com

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール Backlogは、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

・導入事例はこちらから:https://nulab.com/ja/customers/category/service/backlog/

 

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

 

■株式会社ヌーラボについて

本社 福岡県福岡市中央区大名一丁目8-6 HCC BLD.
東京事務所 東京都千代田区神田三崎町三丁目6-14 THE GATE 水道橋 7F
京都事務所 京都府京都市下京区突抜二丁目360
代表者 橋本正徳
ウェブサイト https://nulab.com
https://nulab.com/ja/about/careers/(採用ページ)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

株式会社ヌーラボについて

本社
福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD
創業
2004年 3月
ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

お問い合わせ先

報道関係者からのお問い合わせ先
広報担当
電話番号
092-752-5231
E-mail
pr@nulab.com

ヌーラボについて

ヌーラボは、チームのコラボレーションとコミュニケーションを促進するソフトウェアを開発している、「楽しいこと好き」なイノベーター集団です。ヌーラボは、3人の開発者により2004年に創業されました。日本の福岡に本社があり、現在は、ニューヨーク・東京・京都・アムステルダム・シンガポールに拠点を持っています。