Backlogを活用し、A&A法律事務所が事務作業の3割削減を実現

企業法務のDX推進、属人化の防止にBacklogが貢献


株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供している、プロジェクト管理ツール「Backlog」が、A&A法律事務所(所在地:東京都千代田区、共同代表弁護士:遠藤千尋)に導入、活用され、企業法務に関する事務作業を3割削減するなど成果を挙げています。

「クライアントの最適解の提案とビジネスの加速」をミッションに掲げるA&A法律事務所では、法務顧問を行う企業との契約書・業務管理にBacklogを活用しています。導入の目的や成果について、共同代表弁護士の遠藤氏は次のように話しています。

A&A法律事務所では、企業間の契約約書のレビューや、ITサービスの利用規約相談、法務業務コンサルを行なっています。現在、顧問先との契約書レビュー管理にBacklogを使っていますが、Backlogを導入する前は、別のツールやメールなどでタスクを管理していました。顧問先企業が増えて契約書のレビュー依頼も増えたことで管理が難しくなり、操作画面が分かりやすく、業務の定量化がしやすいことからBacklogを導入しました。

顧問先の担当者の方には、契約書のレビューや作成の依頼をBacklogの課題として登録していただきます。また、Backlogの「種別による課題のテンプレート作成機能」やWikiも活用しています。その結果、契約書レビュー自体の工数は変わりませんが、依頼をされている内容の確認や、少し時間が空いた場合の前回までのやり取りの把握などのレビュー前後の事務連絡に関しては、3割以上は削減されていると感じます。また、A&A法律事務所は企業との契約形態がタイムチャージ式のため、Backlogの「予定時間」「実績時間」機能も活用しています。

今後も、BacklogをはじめとしたさまざまなSaaSサービスを活用し、自身の業務のDX化と顧問先とのやり取りをより洗練させていきたいと考えています。

(以上、事例取材記事よりコメントを抜粋・再構成。活用事例はこちら:https://nulab.com/ja/customers/aanda-law/

多くの企業やチームで利用されているプロジェクト管理ツール「Backlog」をはじめ、ヌーラボが提供するサービスを活用してDX推進を図り、成果を上げているケースが増加しています。

今後も顧客の業種や規模、活用したい環境に合わせ使い方をカスタマイズできるサービスを提供できるよう、サービスのブラッシュアップを行っていく予定です。

■プロジェクト管理ツール「Backlog」について

・Backlog サービスページ:https://backlog.com

タスク管理や Wiki など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作が可能なインターフェースなどを特長としたプロジェクト管理ツール Backlogは、2005年にベータ版がリリースされて以降、多くのチームのコラボレーション促進のために導入・活用いただいています。現在、SaaS版 / インストール版の2つの形態で提供しています。

・導入事例はこちらから:https://nulab.com/ja/customers/category/service/backlog/

Backlogは経済産業省、サンスター株式会社、株式会社JALブランドコミュニケーションなど、IT・インターネット業界だけでなく、製造業や小売業、行政団体などさまざまな業種・業界でもご利用いただいています。

■ヌーラボが提供するサービスについて

ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog」、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるためのツール「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるツール「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

株式会社ヌーラボについて

本社

福岡県福岡市中央区大名1-8-6 HCC BLD

創業

2004年 3月

ウェブサイト
https://nulab.com/ja/(日本語)
https://nulab.com/(English)

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

プレスリリースの一覧に戻る